夏は酸っぱいものが美味しい季節

まだまだ暑い日が続くので、酸っぱいものが欲しくなります。
私はもともと酸っぱいものが好きなのですが、夏は特にそれが美味しく感じます。


酸っぱいものが好きになったのは、かなり大人になってからです。
それまではどちらかというと苦手な方でした。

今は甘いものがそれほど得意ではなくなりました。
唯一、甘いもので良く食べているものがチョコレートです。

チョコレートは苦さと甘さのバランスで美味しく感じるので、やはりただ甘いというだけのお菓子はあまり得意ではないかもしれません。

特に餡子系のお菓子が苦手です。
これは子供の頃からですが、同じように苦手な人の理由を聞くと、私と同じようなので、やはり体質的なもののようです。


しかし、食の好みが親とは似ていないので、遺伝とは関係ないような気がします。

最近の子供はオタクが多い!?

最近PCが重いです。

 


恐らく子供が動画ばかり観ているからだと思います。
動画ってなんだよ、って感じですね。

 

自分が子供の頃にはなかったようなものでばかり遊んでいます。
もちろん、鬼ごっこやサッカーもするようですが、
あらかたゲームと動画ですね。


このご時世PCも触れないようではやっていけないのでしょうが、
これは果たして進化と言えるのか…。
どんどんアホなっている気がしなくもないですが、どうなんでしょう。

 

でも、最近ではちょっとインテリなら多少なりともオタク要素のある人が多い気がします。
ヤンキーより断然オタク人口の方が増えていますよね。
こりゃ肉体労働系の仕事はますます人手不足になりそうです。

 

 

我が家の子供もどちらかといえばオタクなんだろうな…。

結婚 向いてない 考え方

雨の日は憂鬱?

雨の日は憂鬱ですね。
洗濯物は乾かないし、湿気でいっぱいでムシムシするし。


でも大人にとっては憂鬱な雨も、こどもにとってはとても楽しいもののようです。
庭の土に傘でドラえもんを描いてみたり、
長靴を履いて水溜まりにダイブしてみたり、
傘を広げてトトロごっこをしてみたり。

長靴、カッパ、傘…。
幼稚園の送り迎えにもたくさん荷物があってしんどいなぁと思ってしまいますが、
楽しそうに笑っているこどもを見ると、雨の日もわるくない気がします。

そういえばわたしも、小さい頃は雨の日が好きだったなぁ…
台風が近づいた雨の日なんて、何だかワクワクしたものです。
今は心配が先に立ってしまうけど。


と、いつから雨が憂鬱になってしまったんだろう…と考えてしまった雨の日でした。

広告を非表示にする

継続は力なり

数ヶ月ぶりに、さぼっていたヨガを再開しました。


以前は数年間、ほとんど毎日欠かすことなく続けていたヨガ。
始めたばかりの頃は硬かった身体も、日に日に軟らかくなっていくのが実感できて、楽しくて仕方ありませんでした。


でも、驚きました。数ヶ月さぼっただけで、もう身体が硬くなっています。ショックですが、さぼっていたから文句は言えません。
また身体が感覚を取り戻すのにはそんなに時間はかからないと思うので、毎日続けるしかありません。


継続は力なり、ヨガだけじゃなく、楽器や歌、語学でも何でもそうだと思います。
ヨガって、精神的にも時間手的にも余裕がないとなかなかやる気になれません。

 

これからはもっと趣味にも時間を使えるよう、心に余裕を持っていたいです。

恋愛 できる 魅力

広告を非表示にする

ヘルシングは面白い

私が好きな漫画であるヘルシングOVAを見ました。


やはりアンデルセン神父はかっこいいです。
最終的にはアーカードに倒されてしまいますが最期に見せた優しさが心に残っています。

みんな泣いてはいけません、寝る前にお祈りを。Amenと言って絶命しました。

泣けました。

人間の身でありながら最強の吸血鬼と対等に渡り合ったアンデルセンは本当にかっこいいです。

イスカリオテの機関長であるマクスウェルをお前は神ではなく神の力に使えているとして間接的に殺めてしまうのですが、やはり育ての親としての情を見せるシーンがありこれも泣けるシーンです。

 

ぜひ、原作かOVAを見てください。きっと気に入るのではないかと思います。

Amazonや古本屋へどうぞ!

広告を非表示にする

ワイドショー番組を見た

朝から放送されているワイドショー番組を見ました。

 

最初は、将棋についてやっていました。

次は、芸能のニュースについてやっていました。

その他にも政治についてのニュースやスポーツについてのニュースをやっていました。

 

そして、韓国の音楽番組を見ました。聴いたことがある曲が結構ありました。

 

そして、アイスクリームを食べました。

スーパーカップというアイスクリームを食べました。
美味しかったので2個食べました。バニラ味でした。また食べたいなと思いました。

 

そして、音楽番組の裏側を放送している番組を見ました。
普段、音楽番組を見ているときは裏側は見れないので、見れて良かったです。また放送されていたら見てみたいなと思います。

婚活 アラフォー

「彼女」とは何なんだろう?

「彼女できない」って言う男性にとって、「彼女」って何なんだろうと思ってしまいます。


彼女って、モノじゃないですよね。
好きになった女性と交際が成立してこそ、その女性が男性の「彼女」になるわわけで。こういうことを言う男性って、誰かを好きになるとか誰かから好かれるということを全部すっ飛ばして、「彼女」っていう「自分の隣にいつもいてくれる優しくて綺麗で可愛い誰か」を思い描いているだけのような気がします。

現実味がないと言えばいいんでしょうか。
本当に漠然と「彼女いない」とか「彼女欲しい」とか言うんですよね。
自分自身が誰かを好きにならない限り、「彼女」が出来ることなんてないんですよね。
好きな人が居たとしてもうまく行ったことがないって言う男性もいるとも思いますけど。

でも、そんな人は本当に幾らでもいますよね。
彼女ができないできないと周りに連呼する分、その「彼女」とやらからは遠ざかっているような気がします。
欲しいと言って手に入るもんじゃないですからね。
自虐ネタとしても最悪じゃないですか?

まぁ、物凄いイケメンが言えば違うんでしょうけど。